コラム/青山のエステ|Protocol Beauty Salon Y.C

コラム

HOME > コラム

ダイエットの敵“セルライト”とは何か

セルライトとは

皮膚の下の脂肪細胞は、血行不良で代謝が鈍ると肥大化し、
細胞間液や老廃物がゼラチン状に固まります。
これがセルライトです。進行するとコラーゲン繊維が固まり、
血管やリンパの流れが妨げられ、毛細血管が切れてしまいます。
セルライトは身体にとって有用性が無いだけでなく、
重度になると肌の表面がオレンジの皮のように
デコボコになる“オレンジピールスキン”の状態になります。
軽度であっても、表面からは特徴の見えない“隠れセルライト”
を持つ成人女性は全体の8割以上にのぼります。
セルライトができやすいのは、主に太ももやふくらはぎ、
二の腕、お尻など、脂肪の多い部位です。

セルライトの4分類

脂肪型セルライトは、大部分の人が当てはまるタイプです。
もとが脂肪なので、ダイエットなどによって解消しやすいものです。
線維型セルライトは、オレンジピールスキンが
現れているタイプで、全体の約1割を占めます。
解消するには専用の機器類による脂肪吸引術が必要です。
むくみ型セルライトは、冷え性が原因なので、
運動などの血行改善で除去が可能です。
筋肉質型セルライトは、全体の5%ほどと稀で、
かつて鍛えた筋肉が、運動をやめた後に
脂肪~セルライトへと変化するパターンです。
4タイプ中で最も解消が難しく、
完全な除去には長い期間を要します。

最新機器でセルライトにアタック!

エステサロンでは、専用の機器類を使って 線維型セルライトの集中ケアコースを設けているところが
たくさんあります。マッサージで血流やリンパの流れを改善し、
専用機器でセルライトにアプローチする方法が一般的です。
最新機器では、より早期に効果を実感できる性能を備えています。

このページのトップへ